働き方改革

女性活躍支援への取り組み

2016年4月に全面施行された女性活躍推進法(「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」)を背景に、大倉グループではダイバーシティ経営の一環として、性別を問わず能力に即した平等な機会を提供するとともに、公平な処遇を徹底し、女性活躍推進に取り組んでいます。
若手女性社員のスキルアップを継続的に支援する活動をはじめ、積極的な女性管理職候補者の育成を目的とした「女性リーダー研修」やコミュニケーション・指導方法、評価など様々な研修、また、男女問わず通年でキャリア採用もおこない、管理職候補層となる女性も採用しています。
また、社内風土の改善にも取り組み、育児休業復帰後の社員に対して、育児と仕事の両立への不安を軽減するためのカウンセリングや、安心して復帰できるようサポートもおこなっています。
今後は、事業所内保育所や保育料の補助なども検討し、職場復帰の定着率を上げ、女性がより長く働ける環境を目指します。
なお、ダイバーシティ経営やワークライフバランスの観点から、多様な働き方を実現するため、性別にかかわらず働きやすい職場環境つくりに継続的に取り組んでいきます。

多様なワークスタイル制度

大倉グループでは、社員一人一人が「健康で力を最大限発揮でき、高いモチベーションとやりがいを持って働き、活き活きとした生活を送れることができる環境」を目指し、様々なワークスタイルを実現するための環境整備に取り組んでいます。
柔軟な働き方を促進するため、所定の労働時間帯をずらして勤務ができる時差出勤制などによって、仕事と育児や介護との両立などで、時間に制約のある社員も最大限活躍できるよう、在宅で勤務できるテレワーク制度を導入しています。
社員一人ひとりが、最も効率的な働き方を選択でき、自分の持ち味と可能性を活かして、健康で長く働ける環境は、会社全体の生産性の向上にもつながると考えます。
今後は、サテライトオフィスの設置なども検討し、より多様なワークスタイルを可能にする環境構築にチャレンジするとともに、社員一人ひとりが多様なワークスタイルを認め、尊重し合う意識変革にも取り組んでいきます。

カウンセリング・コンサルテーション制度を導入

大倉グループでは、社員一人一人が「健康で力が最大限発揮でき、活き活きとした生活を送れること」を最優先事項の一つと位置づけ、労働環境改善の取り組みを進めてまいりました。
コンプライアンス部門の開設に続き、この度、社員ファーストの環境づくり、離職率の改善、人材育成の一環として、公認心理師・臨床心理士(H.I.C.パートナーズ株式会社 齋藤 恭子)による社内相談窓口「心の相談ホッとルーム」を開設いたしました。
なお、今後はセルフケア・ストレスマネジメントなど、「心とからだの健康」に関する社内研修(管理職研修、社内講演会、新人研修)も積極的に実施し、活き活き働ける仕組みや制度、環境づくりを推進してまいります。